多くの人の命を救うために、あなたの力が必要です。国境なき医師団への寄付は寄付金控除が受けられます!

あなたの寄付でできること

国境なき医師団とは

世界中どこでも生命の危機に直面している人びとに直接医療が届けられるよう、独立・中立・公平の立場で医療・人道援助活動を行っています。

私たちの活動

診療
紛争や自然災害、貧困、感染症の流行など、医療が不足する地域で、外科治療や母子保健、産科医療、栄養治療など必要な医療を提供しています。
病気の予防
予防接種率が低い地域や感染症の流行地などで予防接種を提供、また、感染予防のための衛生教育活動も行います。
心理・社会面の支援
暴力、家族の死、生活手段の破壊などによる心的外傷を負った人びとに対し、心理・社会面でのサポートを提供します。
1999年ノーベル平和賞受賞
国境なき医師団は、1971年にフランスで設立されました。世界各地での医療・人道援助活動が評価され、1999年には、ノーベル平和賞を受賞しています。日本事務局は1992年に発足しました。
現在は、世界37ヵ所に事務局を設置し、70ヵ国以上で援助活動を行い、年間1000万人以上に医療を提供。約4万5000人のスタッフが働いています(2017年実績)。

活動資金

国境なき医師団の医療・人道援助活動は皆さまからの寄付に支えられています。国境なき医師団日本の寄付収入77.2億円(2016年度実績)
国境なき医師団の活動資金は、そのほとんどを民間からの寄付でまかなっています。
それは資金の独立性を保つことで、どんな権力からの影響も受けず、中立の立場を貫くことができ、迅速に命の危機が起きている場所にかけつけることができるからです。

国境なき医師団日本収入79.8億円の内訳 国境なき医師団日本支出82.1億円の内訳※記載金額は1000万円未満を切り捨てて表示しております。

活動と財務の詳細を公開しています。
国境なき医師団は、活動と財務の透明性と説明責任を重視し、監査法人による厳正な監査を経た「会計報告書」を含む『年次活動報告書』を、公式ウェブサイトにて公開しています。
2017年度の『国境なき医師団日本 活動報告書』を見る

支援者の声

Voice01[30代 女性]

1年前に息子が生まれてから国境なき医師団に寄付をしています。
子どもを産んでから、より一層、生まれてきた国や場所が違うからといって明日の命が分からない人がいてはならない、と思うようになりました。
私にできないことを現地でおこなっているスタッフのやる気につながってほしい、あきらめかけたときや絶望したときに遠くから応援している人がいることを忘れないで、という気持ちを寄付に込めています。

Voice02[40代 男性]

国境なき医師団のニュースレターを読むと、心に突き刺さるものを感じます。
毎日平和に暮らし、日頃ささいなことに不満を感じる自分が、どんなに恵まれているかに気づかされます。衣食住さえ満足に手に入らない暮らしをしている人がこんなにたくさんいるということに驚かされ、その現実にショックを受けます
財務報告を見て、支援者が思ったよりたくさんいること、寄付の年間収入の多さなど、初めて知りました。私の月々の支援が、活動を支える力として、少しは役に立っているのかと思うと励みになります

Voice03[70代 男性]

自らに及ぶ危険を顧みず、紛争地に出かけ医療活動される医師とスタッフの方々、既存の国際組織にくみしない「国境なき医師団」。特に「国境なき」というこのフレーズに魅力を感じています。サラリーマンであった小生は仕事で海外出張があったため、日本国内に留まらず世界レベルで活動している点に親近感を覚えます
医師でない小生がお手伝いできる業務があれば、ご協力したいところですが……。
わずかでも寄付は一生続けるつもりです

寄付金控除を受けられます

ご存じですか?国境なき医師団への寄付は寄付控除の対象です。
国境なき医師団日本への寄付は、税制優遇措置の対象となっています。所得税、法人税、相続税、一部の自治体の住民税において、それぞれに定められている条件を満たすことで、優遇措置を受けられます。
詳しくはこちら

寄付の方法

寄付金額はご自身で決めていただけます。寄付のお支払いはさまざまな方法からお選びいただけます。

寄付のお支払い方法の例

詳しくはこちら

国境を越えて届ける援助にご協力ください。皆さま一人ひとりのご支援が、命の危機に直面している人びとを救う大きな力となります。

  • 任意の金額を都度寄付していただく方法 今回の寄付をする
  • 一定金額を毎月寄付していただく方法 毎月の寄付をする

●主な援助活動紹介

迫害から逃れる人びとが危機的状況にロヒンギャ難民緊急援助

※この活動を指定して寄付することができます。「今回の寄付をする」のページで、支援対象からロヒンギャ難民緊急援助 をお選びください。

48時間以内に緊急事態に対応命の危機の現場に向かう「緊急チーム」

※この活動を指定して寄付することができます。「今回の寄付をする」のページで、支援対象から「緊急チーム」募金 をお選びください。

5秒に1人、消える命を救いたい栄養失調の子どもたちへの援助

紛争、災害、貧困、感染病の流行……世界の緊急事態に医療の支援を

多くの命を救うためにご支援をお願いいたします。
今回の寄付をする毎月の寄付をする