国境なき医師団 読書エッセイ・コンクール

2014年04月24日掲載

『妹は3歳』を読んでエッセイをお寄せください

医療・人道援助団体「国境なき医師団」が赴くのは、多くの人命が危機にさらされていながら、医療や援助がなかなか届かない場所。より多くの人に現地で起きていることを知ってもらうことが、状況を変える力になる——そんな思いを込めて、世界の現場で活躍してきたスタッフが執筆したのが本書『妹は3歳、村にお医者さんがいてくれたなら』です。

いま世界で何が起きているのか、人道援助によって何ができるのか知りたいという方、また、子どもたちと一緒に考えてみたいという方、どうぞこの本を読んで、新しく発見したこと、「命」や「医療」、「人道援助」について感じたことなど……皆さんの思いを自由に綴ったエッセイを募集します。

<応募要項>

募集期間

2014年2月10日(月)から4月30日(水)まで ※募集受付は締め切りました。

応募資格

特になし。(子どもから大人まで、『妹は3歳』を読んだ方ならだれでも)

  • 全国の書店、オンライン書店(amazon 楽天ブックス HMVなど)で発売中。売り上げの一部は国境なき医師団の活動に使われます。
  • 応募は自作で未発表の作品、1人1作品に限らせていただきます。
応募方法

『妹は3歳』を読んで感じたことを、日本語で、400字から800字のエッセイ作品にまとめてください。
作品の題名、住所、氏名(フリガナ)、性別、年齢、電話番号、あればパソコンまたは携帯電話のメールアドレスを同じ原稿紙上に必ず記入のうえ、Eメールまたは郵送でお送りください。

【Eメールの場合】

Microsoft Wordもしくは、テキスト文書で作品(20字×20~40行)を作成し、メールに添付してbooks@tokyo.msf.orgまでお送りください。

【郵送の場合】

手書き(400字詰め原稿用紙)またはワープロ(20字×20~40行)、どちらも可。下記の住所までお送りください。
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町1-1 早稲田SIAビル3階
国境なき医師団日本「妹は3 歳エッセイ・コンクール」係

  • 応募作品に関する権利は、ご応募と同時に主催者側に帰属致します。
  • 本コンクールによって集められた個人情報は、審査および国境なき医師団からの連絡以外には使用しません。入賞者の氏名、年齢、作品などは、インターネット上や雑誌その他の印刷媒体に公表されることがあります。

「サヘル・ローズ賞」
「国境なき医師団賞」(援助活動にあたるスタッフが選定)
「未来につなぐ賞」(15歳以下の応募者を対象)

  • 各賞入賞者に賞状と記念品をお送りします。世界の国境なき医師団オリジナルグッズ、活動地から届いた"世界のお土産"、国際人道援助についてもっと知る本、など。
  • 審査終了後、受賞者には7月末までに直接ご連絡し、国境なき医師団広報誌『Frontline(フロントライン)』(8~9月発行の朝日新聞日曜版『Globe(グローブ)』に差し込み掲載)および国境なき医師団日本ウェブサイトに受賞作品の全文または一部を掲載します。
審査員

ゲスト審査員:サヘル・ローズさん(女優・タレント)
国境なき医師団日本スタッフ:『妹は3歳』著者のうち複数名を予定。

お問い合わせ先

books@tokyo.msf.org