企業・団体としてのご支援

国境なき医師団日本の寄付収入は、96%以上が民間の皆様からの寄付で成り立っています(2019年度実績)。企業・団体の皆様からの継続したご支援は、国境なき医師団の医療・人道援助活動を通じ、適切な医療を受けられずに苦しんでいる人びとの命を救う力となります。
ご支援の方法も、さまざまなプログラムからご希望の社会貢献活動に合致したものをお選びいただけます。

支援方法の詳細、お申し込み・資料請求はE-mail: corporate@tokyo.msf.org までお問合せください。

  • 国境なき医師団の医療・人道援助活動と利益相反する可能性のある業種の企業・団体からは、ご寄付をお断りさせていただく場合がございます。対象業種についてはこちらをご確認ください。

2019年に大口のご支援をいただいた企業・団体一覧はこちらです。苦境に置かれた人びとに私たちが援助を届けることを可能にしてくださった皆さまのご厚意に、心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。


MSFコーポレートサポーター

MSFコーポレートサポーターとは、国境なき医師団の活動を法人として継続的に支援していただくプログラムです。プログラム参加に伴い、国境なき医師団の活動を広く紹介し、支援していただいています。

共感と支援、10年以上
弊社は「総合映像企業」としてものづくりを通し、豊かな社会の創造、優れた文化の醸成、世界平和に貢献することを目指すとともに、社員一人ひとりが一企業市民として社会的責任を果たしたいと考えてまいりました。
MSFは営利を目的としない医療・人道援助活動を行っており、その中立性と不偏性、独立性に基づく理念と写真や映像による広報教育活動が、「写真は豊かな文化と幸福の希求に根差す」という当社の創業理念と、世界各国で展開している弊社事業活動の実際に鑑みて深く共感できることから、10年以上にわたり支援を続けてきました。活動支援プログラム「MSFコーポレートサポーター」を中心に、啓発映像への機材協力や売り上げの一部を寄付させていただくなど、継続的に支援しています。
(代表取締役社長 山木和人様)

商品・サービスを通じた寄付(Cause Related Marketing)

各企業の製品・サービスなどの販売活動を通じてご支援いただくプログラムです。企業理念やブランド力をいかし、ビジネスの成長と社会貢献の両立が可能です。

「医療ユニフォームに携わるメーカーとして、世界各地で命の危機にひんしている人びとへの緊急医療援助を続ける国境なき医師団に協賛したい」という思いのもと、オリジナル商品「国境なき医師団スクラブ」などの売り上げから、1着につき300円を寄付いただいています。

企業理念に「地球愛」を掲げ、マスク&マスクケースの売り上げから1点につき10円、エコバッグの売り上げから1点につき20円を寄付いただいています。

マッチングギフト

社員個人の寄付に対して、所属する企業がマッチング(同額を上乗せ)して寄付することにより、企業の社会貢献活動を促進するプログラムです。社員と企業が力を合わせて社会貢献活動に取り組むことによって、社会貢献活動としてのインパクトが大きくなることはもちろん、社内の一体感も高まります。

東京ディズニーリゾートなどの経営・運営を行う同社。従業員の方の任意参加プログラム「OLCグループこどもスマイル基金」の寄付先の1つに選んでいただいています。

従業員の方の自発的な意思で設立された「森乳スマイル倶楽部」。社員有志から集まった寄付金に企業がマッチングする形で2010年から寄付していただいています。

社員の社会貢献活動を推進する募金制度、オリコグループ社会貢献ファンド。社員は1口100円から参加でき、会社は参加社員1名に対し100円を上乗せして積み立て。2015年から寄付を頂いています。

社員有志で構成されるNYKボランティアサポーターズと企業の健康経営推進「POPEYEプロジェクト」がコラボレーションし、「チャリR U N 」(チャリティR U N +WALK)キャンペーンを実施。社員からの参加費やウォーキング・ランニングレッスン料に加えて、総距離に応じた額を企業からのマッチングとして寄付していただきました。

プロボノ(Pro bono)

各企業の製品・プロフェッショナルサービスや、施設の一時提供などを現物支給としてご提供いただくプログラムです。ビジネスで培った優れた商品力やスキルを、MSFの人道・医療援助活動に活かしてみませんか。

公式ウェブサイトのサーバーとサーバーの保守サービスを無償でご提供いただいています。強固で信頼性の高いITインフラの設計から構築・運用までをプロボノとして提供いただくことで、公式サイトの安定運用が可能となっています。

多岐にわたる寄付データの集計・分析を簡単な操作で可能にするBI(ビジネスインテリジェンス)ツール「Dr.Sum EA」と、コールセンターやメールでの問い合わせ内容を分析するテキストマイニングツール「Dr.Sum EA Text OLAP」を無償提供いただき、業務効率が大幅に改善されました。

採用フェアへの出展や能力育成のサービスを無償でご提供いただいています。

駅前や商業施設、イベント会場などでMSFの活動を紹介する「街頭キャンペーン」活動の開催場所をご提供いただいています。

寄付型自動販売機

缶やペットボトル飲料の売り上げの一部が寄付されるチャリティ自動販売機。敷地内に設置していただける方を随時募集しています。


お申し込み・お問い合わせ:通話料無料0120-937-650(寄付型自動販売機普及協会)


お問い合わせ(企業・団体としてのご支援)

電話
0120-999-199 (平日9:00~18:00、土日祝日・年末年始休業/通話料無料)
  • 「法人寄付について」とお伝えください
メール
corporate@tokyo.msf.org

お問い合わせフォーム

  • フォーム末尾の問い合わせ分類にて「法人からの寄付について」を選択してください。