薬剤師Pharmacist

国境なき医師団(MSF)が運営・支援する病院や診療所において、医薬品や医療資材の発注・供給・棚卸業務、薬局の管理、薬局スタッフの指導などを任されます。

医薬品・医療資材のプロトコルに沿った適正使用の提言、MSF独自の在庫管理プログラムを使った在庫消費量のモニタリングとデータの分析、定期的な活動レポートの提出などを行います。

活動地は、電力供給が不安定で、湿度や気温が高過ぎる・低過ぎるなど厳しい環境下にあり、薬剤庫管理が重要かつ難易度の高い業務となります。

また、活動国内の薬事法を尊重することも大切です。ほとんどの医薬品はヨーロッパから輸入しますが、プログラムによっては、活動国内で入手可能な医薬品・医療資材の品質確認を依頼されることもあります。医薬品の輸入調達にあたり、活動地の関係省庁との交渉を任される場合もあります。さらに、MSFプロジェクト間での、あるいは現地病院との間の医薬品寄付・貸借に関連する交渉も行います。

なお、活動地で使用している医薬品名は、日本国内とは異なり、商品名ではなく一般名が使われます。活動地で使用されているMSFのガイドラインEssential Drugsをご参照ください。

主なプロジェクト

  • HIV/エイズまたは結核(TB)
  • 難民/国内避難民キャンプ
  • 病院支援
  • 予防接種キャンペーン
  • 自然災害や紛争地への緊急援助 など

応募条件(必須)

  • 求める人材に記載されている資質と能力を参照
  • 2年以上の勤務経験
  • 新人などへの指導や教育業務の経験派遣期間
    6ヵ月〜1年間

活動地で役立つスキル

  • 総合病院での勤務経験
  • 離島、へき地、途上国など人材や資材に限りがある環境での実務経験
  • 熱帯医学の知識
  • HIV/エイズおよび結核の知識
  • 棚卸しなどの在庫管理の経験
  • 豊富なチーム・マネジメント経験 など

海外派遣スタッフとして働く薬剤師の声

一覧を見る

応募から海外派遣までの流れ