手術室看護師OT Nurse

自然災害や紛争などにより外傷を負った人びとへの手術や、医療を受ける機会が乏しい地域で病気に苦しみ、外科治療を必要としている人びとへの手術を行うプログラムに参加し、幅広い分野の手術の直接・間接介助を行います。

現地での手術室看護師などの採用活動、日常の業務指導やトレーニングの企画・実施、薬剤資材の発注と在庫管理も任されます。手術室だけでなく、回復室や医療器材の滅菌を担当するチームのマネジメントも重要な業務となります。

また、定期的に業務に関するレポートの提出を求められます。24時間オンコールとなる場合もあります。

主なプロジェクト

  • 自然災害の発生直後や紛争勃発後の緊急医療援助
  • 情勢が不安定な地域での医療援助
  • 母子保健
  • 病院支援 など

応募条件(必須)

  • 求める人材に記載されている資質と能力を参照
  • 2年以上の臨床経験
  • 産科、整形外科、一般外科など幅広い手術直接・間接介助経験
  • 新人などへの指導や教育業務の経験
  • 派遣期間
    3〜6ヵ月

活動地で役立つスキル

  • 離島やへき地、途上国など人材や資材に限りがある環境での臨床経験
  • 手術器具の滅菌経験
  • 回復室での経験
  • 小児外科または小児科の経験
  • 豊富なチーム・マネジメント経験 など

海外派遣スタッフとして働く手術室看護師の声

一覧を見る

応募から海外派遣までの流れ