助産師Midwife

妊産婦検診、分娩介助、産後ケア、家族計画、性感染症予防のための教育や啓蒙活動などを行います。

妊産婦検診が浸透していない地域も多く、検査機材も限られた環境の下、ハイリスク・異常分娩の介助をせねばなりません。出生率が高い地域ではなるべく帝王切開を避け、できる限り経膣分娩を目指すため、助産師の責任が重くなります。

また、母子保健に特化したプログラム以外に派遣された場合、産婦人科医がいない状況で、外科医とともに帝王切開適応ケースに対応します。

移動診療活動では、現地TBA (Traditional Birth Attendant)がどのように地域社会で機能しているのかを理解し、国境なき医師団の活動が受け入れられるように良好な関係を築くことが求められます。

現地採用の助産師やその他の医療スタッフへの日常的な指導、技術向上トレーニングの企画・実施、勤務表作成などのマネジメントも大切な業務です。定期的に業務に関するレポートも提出します。

主なプロジェクト

  • 母子保健
  • 難民/国内避難民キャンプ
  • 病院支援
  • 自然災害や紛争地への緊急援助
  • 性暴力被害者へのケア など

応募条件(必須)

  • 求める人材に記載されている資質と能力を参照
  • 2年以上の臨床経験
  • ハイリスク・異常分娩介助の経験
  • 新人などへの指導や教育業務の経験
  • 派遣期間
    6ヵ月〜1年間

活動地で役立つスキル

  • ALSO (Advanced Life Support in Obstetrics)コース
  • NCPR (Neonatal Cardio-pulmonary Resuscitation)コース
  • HIV/エイズ など感染症を持つ妊産婦の分娩介助経験
  • 熱帯医学の知識または臨床経験
  • 離島、へき地、途上国など人材や資材に限りがある環境での臨床経験
  • 豊富なチーム・マネジメント経験 など

海外派遣スタッフとして働く助産師の声

一覧を見る

応募から海外派遣までの流れ