ロジスティシャンLogistician

国境なき医師団(MSF)のロジスティシャンは、医療援助活動とスタッフの現地生活に関し、下記のような幅広い業務を担当します。実務は現地スタッフと協力して行います。

  • 物資調達および物流管理
  • 配車・車両整備の管理
  • 無線・衛生電話などの通信機器、オフィス機器の管理
  • 発電機・給水ポンプなどの機材管理
  • ワクチンや医薬品を保管する冷蔵システム管理
  • 医療施設のメンテナンス、建設や改装の施工管理
  • 安全な水の調達と水質検査
  • 衛生管理(排水・し尿・廃棄物の処理、蚊やねずみの予防・駆除)
  • チームの安全管理および状況調査、連絡調整
  • 海外派遣スタッフの住居設備管理

また、技術レベル・性別・部族・宗教が入り混じった現地スタッフに対する日常的な指導や教育、技術向上トレーニングの企画・実施も重要な業務であり、高いマネジメント能力、コミュニケーション能力が求められます。

初回派遣前には、海外で開催される派遣前技術研修(渡航費および宿泊費はMSF負担)に参加していただきます。

主なプロジェクト

  • HIV/エイズまたは結核(TB)
  • 難民/国内避難民キャンプ
  • 外科治療
  • 母子保健
  • 自然災害または紛争地の緊急援助 など

応募条件(必須)

  • 求める人材に記載されている資質と能力を参照
  • 上記にある幅広い業務を理解し、遂行する資質のある方
  • 2年以上の実務経験がある方
  • スペシャリストとして応募される場合は、電気、車両整備、建築、無線通信、水と衛生管理、物流、医療機器の設置、メンテナンスなどの専門分野で2年以上の実務経験がある方
  • 専門分野以外の幅広い業務も、抵抗なく積極的に行える方
  • 普通自動車運転免許(オートマチック限定免許は不可)
  • 新人などへの指導や教育業務の経験
  • 派遣期間
    6ヵ月以上

活動地で役立つスキル

  • プロジェクトやイベントの企画・実施経験
  • 人事や経理の知識・経験
  • 豊富なチーム・マネジメント経験 など

海外派遣スタッフとして働くロジスティシャンの声

一覧を見る

応募から海外派遣までの流れ