IEC(Information Education Communication)/Health Promoter

国境なき医師団(MSF)の医療援助活動をサポートするために、各プログラムの目的に合わせて現地コミュニティーを対象とした衛生教育、さまざまな疾病の予防・対策、妊産婦検診などへの認識を広める活動を、企画から評価までマネジメントします。

活動地の医療施設やへき地の村々へ赴いて情報を収集・分析した上で、新たな対象コミュニティーを確定するのもIECの業務です。さらに、チームメンバーと協力し、MSFの医療援助活動が地域で受け入れられるように、その地域のリーダー、有識者、他団体などへ働きかける重要な役割も担います。

コミュニティーの文化、生活習慣、宗教などの背景を考慮することが重要であるため、社会学・文化人類学的なアプローチへの精通が、医療ニーズの把握に大いに役立ちます。

近い将来、現地スタッフが自立して活動ができるようになるための日常的な指導や教育、技術向上トレーニングの企画・実施も重要な業務です。

主なプロジェクト

  • HIV/エイズまたは結核(TB)
  • 母子保健
  • 難民/国内避難民キャンプ
  • 病院支援
  • 予防接種キャンペーン
  • コレラやエボラ出血熱などの流行への緊急対応 など

応募条件(必須)

  • 求める人材に記載されている資質と能力を参照
  • 2年以上の実務経験
  • コミュニティーを対象とした業務/活動の経験
  • 文化人類学、社会学、国際公衆衛生、いずれかの分野の学位を有する
  • 新人などへの指導や教育業務の経験
  • 派遣期間
    6ヵ月〜1年間

活動地で役立つスキル

  • 途上国においてMSFのIECに類する業務の経験
  • トレーニングの企画や教材の作成経験
  • 豊富なチーム・マネジメント経験 など

海外派遣スタッフとして働くIEC(Information Education Communication)の声

一覧を見る

応募から海外派遣までの流れ