応募から海外派遣までの流れ

海外派遣に応募された場合、国境なき医師団(MSF)日本事務局での書類選考、個別面談を経て、正式な登録となります。その後、プログラムを運営しているオペレーション・センター(フランス、オランダ、スイス、ベルギー、スペインの5ヵ国)に推薦の上、派遣地と派遣時期を調整していきます。

なお、派遣に応じられる時期に入ってから実際に派遣されるまでの期間は状況によって異なります。

1 応募前準備 2 応募書類提出 3 1次審査 書類審査 4 2次審査 面接 5 人材プールへの正式登録手続き 6 派遣前研修 7 派遣先決定及び出発準備 8 出発前 打ち合わせ

  1. 応募前準備

    海外派遣スタッフ募集説明会にご参加いただくか、または国境なき医師団日本ウェブサイトでMSF 憲章活動ニュース募集職種求める人材海外派遣スタッフの声募集に関するよくあるご質問、をお読みいただき、MSFの活動内容や現地での業務などについての基本情報をご確認ください。

  2. 応募書類提出

    下記のリストでご自身の応募職種をご確認の上、必要な書類をすべてダウンロードし、各項目を英語またはフランス語でご記入ください。全職種において、Application FormCVは必須提出書類です。

    CVに指定のフォームがない職種(Free form)については、こちらの例を参考に作成してください。

    記入済みの書類をe-mail: apply@tokyo.msf.org (応募専用アドレス)に添付し、送信して下さい。なお、件名およびメール本文は英語でご記入ください。

    Position Application form CV (Curriculum Vitae) Technical Check List
    General Surgeon, Orthopedic Surgeon Form 1 CV 1
    Anesthesiologist Form 1 CV 2
    Obstetric/Gynecologist, Midwife Form 1 (Free form) List 1
    ER doctor Form 1 (Free form) List 2 List 3
    General physician, Pediatrician Form 1 (Free form) List 2 List 3 List 4
    Psychiatrist, Psychologist,Nurse, Lab Tech, IEC, Epidemiologist Form 1 (Free form)
    Pharmacist Form 1 (Free form) List 1 List 2
    Administrator, Logistician, Water & Sanitation Specialist, Coordinator Form 2 (Free form)
  3. 1次審査 書類審査

    日本事務局とオペレーション・センターによる書類審査を行います。2週間以内に審査結果をご連絡できるよう努めております。諸般の事情により2週間以上かかる場合は、その旨をご連絡致します。

  4. 2次審査 面接(英語またはフランス語でのインタビューを含む)

    1次審査を通過された方を対象に面接を行います。面接会場は、日本事務局または各地の説明会の会場となります。交通費は自己負担です。
    なお、遠方にお住まいの方には、まず電話インタビューを行います。その結果により、事務局または説明会会場での面接の可否を決定します。面接後2週間以内に結果をご連絡致します。

  5. 国境なき医師団日本 人材プールへの正式登録手続き

    2次審査を通過された方には、パスポートのコピー、各種免許証(医師免許、看護師免許など)、卒業証明などの書類の提出をお願い致します。必要書類がすべて提出されたのち、正式登録となります。

  6. 派遣前研修

    正式登録が完了した方には、年数回開催の派遣前研修(Welcome Days)にご参加いただきます。

    派遣前準備研修( Welcome Days)/場所:MSF日本事務局内

    対象
    • 正式登録が完了した方
    • 原則として、本研修を終了後、6ヵ月以内に派遣可能な方
    目的

    MSFスタッフとして活動する上で必要な情報を提供するとともに、活動内容を総合的に理解していただくことを目的としています。3日間の研修期間中の公用語は英語です。会場および宿舎でも全て英語でのやりとりとなります。

    本研修では、下記の機会をご提供致します。

    • MSFについての理解を深め、活動に参加することの意義について考えます。
    • 活動地で直面する問題について考えを深めます。
    • 活動地におけるチームでの意思決定について体験的に学び、理解を深めます。
    • 異文化コミュニケーションやストレス・マネジメントについて学びます。
    研修内容

    講義、ケーススタディ、ロールプレイ、派遣経験者の活動報告などで構成されます。

    2016年5月プログラム

  7. 派遣先決定及び出発準備

    派遣に応じられる時期、職務履歴などを参考に、日本事務局から、現地プログラムを運営するオペレーション・センター(フランス、ベルギー、オランダ、スイス、スペインの5ヵ国)へと推薦します。その時点で空きがあるポジションへの推薦をし、派遣先や派遣期間を調整してマッチングを行います。この調整には数ヵ月かかることもあります。

    派遣先が決定した方のビザや航空券の手配は、日本事務局が代行します(日本在住の方に限る)。

  8. 出発前打ち合わせ

    MSF日本事務局にて、出発直前に、派遣先についての情報などを共有する打ち合わせを行います。事務局での打ち合わせ後、オペレーション・センターでも打ち合わせを行う場合もあります。


参考図書

MSFでは、必須医薬品、臨床ガイドライン、難民の健康、結核、産科学などの参考図書を制作しています。MSF Reference Bookのサイトから無料でダウンロードできます。

お問い合わせ

特定非営利活動法人 国境なき医師団日本 リクルート担当

E-mail
recruit@tokyo.msf.org