その他の病気

基本情報

治療薬や治療法の研究・開発が進んでいないために、感染が繰り返されている病気がある。アフリカ睡眠病シャーガス病カラアザールのほか、ブルーリ潰瘍やイチゴ腫なども含まれる。これらは総称して“顧みられない病気”と呼ばれている。

また、エボラ出血熱と症状が似ているマールブルグ出血熱、新生児の水頭症、難民キャンプなどで症例が報告されているC型肝炎やE型肝炎など、国境なき医師団(MSF)は、世界中の活動地でさまざまな病気への対応を続けている。

最新の活動ニュース

一覧を見る