コンゴ民主共和国:目の前で姉を殺され、レイプされた。壮絶な暴力に、鳥さえ鳴くのをやめた

2017年08月18日掲載

リュー会長 リュー会長

口をきいたら、おまえの姉さんのように首をはねるぞ――。

「病院の廊下。まるで何事もなかったかのように、笑いながら友達を追いかける10代の少女と出会いました。しかし、数週間前、少女の目の前で姉は首をはねられたのです。武装した男たちはこの少女を連れ去り、10日間にわたって床に縛り付けました。レイプされ続けました。何度繰り返されたかもわからないほどに」

国境なき医師団(MSF)インターナショナルのジョアンヌ・リュー会長はコンゴ民主共和国の中央カサイ州カナンガ市を訪れた。リュー会長の脳裏には、こんな冒頭の光景が焼き付いている。カサイの人びとは筆舌尽くしがたい経験をくぐり抜けてきた。

鳥さえも鳴かない……

私は、MSFチームとともにカサイ地方でも特に暴力が蔓延した農村地域を訪れました。ここでは村や田畑が焼かれ、大量の遺体が埋められた埋葬地がいくつも見つかっています。

一人の男性が私に歩み寄り、落ち着いた様子でそっけなく言い放ちました。

「暴力はすさまじかった。何日も鳥のさえずりさえ聞こえなかった」

カサイで危機が始まったのは1年前でした。ただ、私たちがその甚大さを把握するまでに、長い時間がかかっています。

最悪期の数ヵ月間は人道支援が一切届きませんでした。現在も極めて限定的な支援にとどまっています。現地の人はどうしてもっと早く助けを求めなかったのでしょうか?ある村のお年寄りはこう答えました。

「みんな地面に伏せていました。そこを銃撃されるんです。立ち上がって逃げるなんて、できない」

私たちMSFは3月にようやくカナンガで活動を始めました。大変遅かった。遅きに失しました。そして、今もなお問題の表面的な部分に触れているに過ぎないと分かっています。

手を切られても隠れ続け……

MSFが治療にあたる患者たちの傷が、カサイの人びとの直面する極度の暴力を物語ります。

ひどい傷を負っていても、すぐに医師の治療を受けません。何日も何週間もためらいます。恐怖が背景にあります。

たとえば、MSFの外科チームが治療した男性患者は手を切られていました。それでもそのまま茂みに数週間も隠れていました。見つかって、殺される恐怖におびえたからです。伝統的な薬で切断されたところを処置していました。MSFの病院に到着したときには膿瘍ができ、深刻な感染症が前腕部の骨にまで達してました。

今後、四肢を切除しなくてすむ可能性。それは低いでしょう。

恐怖がつきまとう

MSFの心理ケア・チームが何が起きたのか患者たちに尋ねても、誰が暴力を振るったのか教えてくれることは決してありません。恐怖が、常につきまとっているのです。

ただ、体験したことは話してくれます。とてつもなく辛いものです。

「目の前で夫の首がはねられた」「拘束され、目の前で妻が強姦された。子どもたちもそれを見ていた」

それでも、こう口にするのは一回きりです。その後はいつも3つの同じ質問をされます。どうやって生計を立てるのか? 家族を食べさせるのか? 住まいを再建するのか? 今後についてです。

悲劇が降りかかる

このカサイの危機はまるで乾ききった夏に広がる森林火災のようです。2016年8月のひとつの火花によって、地域全体が焼けました。大勢の人が民兵の襲撃、軍の抑圧に遭っています。さらには、局地的な紛争にも巻き込まれています。火元とは関係ないのに、広がる混乱によってぼっ発したものです。

今、カナンガが平時に戻りつつあるとしても、カサイ地方のほかの場所から不穏な音が聞こえてきて、大変に懸念されます。

カサイ地方だけで、イタリアに匹敵する面積があります。治安の問題が立ちはだかり、これらの地域には立ち入れないため、何が噂で何が本当なのか、見極めることが困難です。

ただ、確かなことはあります。はた目には何も起きていないように見えても、人びとに悲劇が降りかかったということ。そして、それは続いているのです。今、このときも。

関連情報