セルビア:酷寒の地で先の見えない生活が続く――難民となった若者たち

2017年01月16日掲載

足止めされている人びとの滞在場所の1つとなっている倉庫の廃屋 足止めされている人びとの滞在場所の
1つとなっている倉庫の廃屋

長年にわたって紛争が続くアフガニスタンを離れ、平和で安全な生活を求めて欧州を目指してきた移民・難民が、各国の国境封鎖政策のあおりを受けて立ち往生している。

その1つ、セルビアの首都ベオグラードには大寒波が襲来。この酷寒の地で暖房器具もなく、食事は援助団体の配給に頼る日々だ。その中には親と離れ離れになってしまった10代の少年たちも多い。15歳と16歳の2人が、心境を国境なき医師団(MSF)に打ち明ける。

記事を全文読む

旅の途中で父とはぐれ……/パルウェズさん(15歳)

「両親と会いたい」と話すパルウェズさん 「両親と会いたい」と話すパルウェズさん

アフガニスタンのナンガハール州から来ました。今はいとこと2人きりで移動しています。僕は15歳、いとこは16歳。父も一緒だったのですが、途中ではぐれてしまいました。イラン・トルコ国境の森で警察に発砲されてから、父の居場所はわかりません。その後、2人でブルガリアを通過し、セルビアまで来たんです。

父はいつも言っていました。「おまえもしっかりするんだ。道のりはとても大変だからな。でもな、命の危険があるアフガニスタンからは離れるしかないんだよ」

ベオグラードに着いたのは12日前。古い駅舎で寝泊まりしています。居心地がいいとはとても言えず、すすだらけです。飲める水もありません。午後1時になると、ボランティアの人たちが来て食事を配ってくれます。時々ですが、卵が出ることもあります。

「アフガニスタンに平和はない」

滞在場所の1つとなっている倉庫に書かれた「私だって人間だ」のメッセージ 滞在場所の1つとなっている倉庫に書かれた
「私だって人間だ」のメッセージ

父は政府職員でした。出国前にこう言っていました。「アフガニスタンに平和はない。戦争ばかりだ。だから出ていくほかない」。父は仕事でフランスを訪れたことがあるので、僕たちはフランスに行くのだろう、フランスには戦争はないのだろうなどと考えていました。

今はそんな希望も持てません。役場の人に「セルビア国内の難民キャンプに行きたい」と伝えると、「外出禁止のキャンプであれば滞在できる」と説明されました。でも、そんな生活は嫌です。出入りの自由なキャンプを希望しています。

ここでの待遇は本当に悲しくなります。政治家は好きではありません。僕たちがここで足止めされているのも政治家のせいです。

家族と一緒にいられないなんて

公園の電源を借りて充電をする人びとスマートフォンは移民・難民の必需品だ 公園の電源を借りて充電をする人びと
スマートフォンは移民・難民の必需品だ

通過してきたブルガリアもいい場所ではありませんでした。警察に殴られたんです。セルビアではいろいろな団体が援助してくださっています。ただ、とにかく寒いです。

ほかの家族はアフガニスタンに残っていて、時々電話をしています。母と一緒でないことがさびしいです。家族といられないのでは、いい人生とは言えません。毎晩、寝る時に涙がこぼれます。そして、いとこに言うんです。「母さんや父さんや家族に会いたい」

「人間の暮らしはもっと貴いはず……」/アジュ・マルさん(16歳)

酷寒の地で足元がサンダルやスリッパの人も 酷寒の地で足元がサンダルやスリッパの人も

将来はそれなりの人間になりたいんです。知識を身に付け、人を助けたい。勉強をして、エンジニアか医師になりたい。できる限り人の助けとなり、平穏で思いやりにあふれたいい人生を送りたいんです。

アフガニスタンでは、午後5時、6時ごろになると誰かがやって来て、物を奪っていきました。そして「俺たちと来いよ。仲間になれ。一緒に殺して奪おう。勉強なんか役に立たないぞ」と言ってくるのです。

ベオグラードに来て1日半が経ちました。半年くらいかけてたどり着いたんです。とてもつらい道のりでした。山を越え、森を抜け、何度も大変な目に遭いました。強盗に襲われ、何もかも取られてしまいました。

屋内で火をたいても寒い

暖を取るために屋内で火をたく 暖を取るために屋内で火をたく

イランからトルコ、そしてトルコからブルガリア、ブルガリアからセルビアと旅をしてきましたが、ここで行き詰まってしまいました。国境が閉鎖されていて、セルビアを出られません。大雪でとても寒く、でも暖房設備がありません。

寝泊まりしている場所は本当にひどくて、みんな屋内のあちこちで火をたいていますが身体は温まりません。そのせいで、たくさんの人が胸の病気を訴えたり、具合が悪くなったりしています。

「国境の開放がすべての人の助けに」

食事の配給に並ぶ人びと立ったままやその場でしゃがんで食べる人も 食事の配給に並ぶ人びと
立ったままやその場でしゃがんで食べる人も

滞在環境は過酷です。人間の居場所とは言えません。人間の暮らしというのは、もっと貴いものだと思います。でも、僕たちはごみまみれで、ダニやネズミ、いろいろな虫と一緒に寝ているのです。僕たちは人間です。学び、生きる権利があります。それがここでは望めません。

国境の開放はすべての滞在者にとって大きな助けとなるでしょう。そうなれば、皆、この国を出て行くはずです。でも、国境が開かないので、ここにいるんです。成り行きを見守りましょう。僕はまだあきらめていません。神様のお導きがあれば、それなりの人間になれるはずですから。

関連情報