スワジランド:「赤ちゃんはHIV陰性でした! とても幸せです」

2013年11月27日掲載

国境なき医師団(MSF)は2013年2月からスワジランドで、HIV陽性の妊婦と授乳期の母親を対象としたPMTCT B+というHIV/エイズ対策プログラムを開始しました。PMTCT B+で治療を続けながらHIV陰性の赤ちゃんを授かったお母さんの喜びの声をビデオでご紹介します。(日本語字幕)

スワジランドで展開中のHIV/エイズ対策プログラムのドキュメンタリー映像やフォトギャラリーはこちら

関連情報