ソマリア:MSF、22年間の活動に終止符

2013年09月13日掲載

国境なき医師団(MSF)は、1991年から続けて来たソマリアでの活動を、2013年8月をもって終了しました。人道援助団体のスタッフへの襲撃、拉致、殺害が容認される風潮が強まり、最低限の安全保障も脅かされる状況になっているためです。この動画では、現地の映像とともに22年間の活動の意味について考えます。(日本語字幕)

また、こちらの記事もあわせてお読みください。
人道援助の侵害と悪用により、22年におよぶ医療援助活動に終止符
ソマリアから撤退する理由(THE HUFFINGTON POST)

関連情報