"非人道的な環境"――レバノンのシリア人難民

2013年03月14日掲載

シリアの周辺国、レバノン、イラク、ヨルダン、トルコなどには、数十万人が避難しています。爆撃の恐怖からは逃れたものの、避難先で新たな困難に直面しています。「爆撃さえなければ……シリアに帰ります」と話す男性。国境なき医師団(MSF)が医療援助を行っている現場で、難民となった人びとに心境を聞きました。 (日本語字幕、4分56秒)

関連情報