世界マラリアデー:病気を克服した女の子

2013年04月25日掲載

4月25日には世界マラリアデーです。国境なき医師団(MSF)は、アフリカやアジアなどの活動地で、マラリアの予防・治療に取り組んでいます。コンゴ民主共和国のニョタちゃんも、MSFの治療を受け、回復に向かっている1人です。MSFの取り組みを、彼女のあどけない表情と軽快な音楽にのせてお伝えします。(日本語字幕、1分28秒)

関連情報