銃声の中で生まれる命を「見殺しにはしない」 5000人を取り上げた助産師の愛がここに

2018年05月15日掲載

紛争により、人びとが普通に医療を受けられない国で、1人でも多くの命を救おうと奮闘する国境なき医師団(MSF)の助産師がいます。妊産婦と乳児の死亡率が世界最悪の中央アフリカ共和国。自身も紛争で家を追われながら、「他人を見殺しにはできない」と、今日も赤ちゃんとお母さんのケアを続けています。

中央アフリカ緊急援助活動にご協力ください

寄付をする

※国境なき医師団への寄付は税制優遇措置(寄付金控除)の対象となります。

関連情報

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでつぶやく
  • LINEで送る