コンゴ民主共和国:コレラ流行が最悪レベルに 巨大都市にも

2018年02月08日掲載

コンゴ民主共和国で、コレラの流行が最悪のレベルとなっています。コレラはこの国で繰り返し発生していますが、今回の流行は患者の数が多く、人口が密集する首都キンシャサにも広がっています。

コレラの患者は、ひとりでは病院へ行けないほど弱っていても、強い偏見から助けが得られないこともあります。早期に封じ込めるため、国境なき医師団(MSF)は治療施設を拡大して対応しています。

関連情報

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでつぶやく
  • LINEで送る