ナイジェリア:子どもがさらわれ、村が爆撃される――人が生み出した人道危機

2018年01月11日掲載

武装勢力「ボコ・ハラム」と政府軍の衝突で、ボルノ州では200万人が家を追われています。国境なき医師団(MSF)が避難民キャンプで暮らす人びとの治療を続けるなか、聞こえてくるのは恐ろしい体験ばかりです。人が生み出した人道危機……その現実とは?

関連情報

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでつぶやく
  • LINEで送る