ナイジェリア:200万人が避難、北東部で何が?

2017年11月02日掲載

ナイジェリア北東部では、200万以上もの人びとが避難する事態が続いています。政府軍と過激派組織「ボコ・ハラム」の紛争は8年目に突入し、終わりが見えません。治安上の理由で、国境なき医師団(MSF)が活動できない地域もあります。

それでも、この危機にできることはないだろうか?MSFの取り組みを動画でお伝えします。

関連情報