フード・クライシス!――なぜ栄養失調が続くのか

2017年05月22日掲載

国連は2017年2月、全世界で2000万人が飢きんに直面する恐れがあると指摘しました。中でも、ナイジェリア南スーダンソマリアイエメンの4ヵ国の栄養危機は深刻です。

食糧不足には5段階の基準が設けられており、飢きんは最悪の事態だと定義されています。国境なき医師団(MSF)の活動を振り返っても、飢きんにまでいたったケースは多くはありません。ところが、上記の4ヵ国は現在、飢きんの寸前にまで追い詰められているというのです。

現地でいま何が起きているのでしょうか。アニメーション動画で解説します。(日本語字幕)

関連情報