偽造・粗悪薬との闘い――有効な規制と監視とは

2017年01月23日掲載

アフリカのサハラ以南で流通する医薬品の約3割は品質が低いとされています。悪意を持って詐欺目的に作られた偽造薬や、製造や包装に欠陥のある粗悪な薬などで、国際的な保健問題となっています。先進国では医薬品市場の規制と監視が可能でも、低・中所得国では、医薬品の品質監視体制が十分ではなく、こうした粗悪な薬の流通を防ぎ切れていません。現状の傾向と今後の対策についてアニメーションで解説します。(日本語字幕)

関連情報