国境なき医師団の「携帯検査室」と薬剤耐性問題

2016年10月20日掲載

病原菌が薬への抵抗力をもってしまう「薬剤耐性」がいま、世界的な問題となっています。特に途上国では、医療体制、検査・治療に必要な社会インフラ、薬事に関する法規制などさまざまな面に課題があり、不適切な治療や投薬、治療の中断などが多発して薬剤耐性の発現リスクを高めてしまっています。

活動地で日々、こうした問題に直面している国境なき医師団(MSF)の対策をご紹介します。(日本語字幕)

関連情報