シリア:「標的にされたことも」――アレッポの救急隊員

2016年10月19日掲載

包囲と空爆が続くシリア・アレッポ市のハッサン・アル=フムシ救急隊員が、市内の現状と救急活動を伝える動画です。彼は1人でも多くの方に惨状を知ってもらいたいとの思いから、この撮影を申し出ました。

アレッポでは患者・スタッフおよび医療施設への攻撃が繰り返されています。国境なき医師団(MSF)が運営・支援している施設も被害に遭い、患者・スタッフの命を奪われています。ハッサン隊員も「標的にされたこともある」と証言しています。ぜひあなたの目でアレッポの現状を確かめてみてください。(日本語字幕)

患者・スタッフ・医療施設への攻撃の即時停止を!
「病院を撃つな!」キャンペーンサイトもあわせてご覧ください。

緊急援助活動にご協力ください

寄付をする

※緊急支援対象から「シリア緊急援助」を選択してください。
電話 0120-999-199 でも受け付けています。(9:00~19:00/無休/通話料無料)
国境なき医師団への寄付は税制優遇措置(寄付金控除)の対象となります。

関連情報