コンゴ民主共和国:予防接種への道

2016年10月14日掲載

広大な国土に複雑な地形。コンゴ民主共和国では病院に行くことさえ難しい人びとが大勢います。流行している黄熱病を防ごうにもその手段がないのです。

そこで、国境なき医師団(MSF)が各集落をまわって無償で予防接種を行っています。その先導役となる「健康教育担当」とは、どのような仕事なのでしょうか?動画でご説明します。(日本語字幕)

関連情報

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでつぶやく
  • LINEで送る