ガーリー、ムサ、ドゥドゥ ――スワジランドの物語

2013年08月12日掲載

アフリカ南部の小国、スワジランドでは、15歳から49歳までの人口の26%、妊産婦の40%以上がHIV陽性です。国境なき医師団(MSF)は同国の保健省とともにHIV/エイズ対策プログラムを現地で展開。患者、スタッフ……HIV/エイズを取り巻く人びとを描くアニメーションです。(日本語:3分47秒)

スワジランドで展開中のHIV/エイズ対策プログラムのドキュメンタリー映像やフォトギャラリーはこちら

関連情報