動画で振り返る2014年 【国境なき医師団】

2014年12月31日掲載

国境なき医師団(MSF)の2014年の主な取り組みを1分半でお伝えする動画です。本年はエボラ出血熱の流行が国際的な問題となりました。MSFは流行直後から最前線で緊急対応にあたり、今なお治療・予防に全力を尽くしています。

2014年は、紛争地・難民キャンプでの活動も拡大しなければならない年でした。紛争が長期化している中央アフリカ共和国、南スーダン、シリア、イラク、コンゴ民主共和国……。一方、パレスチナ・ガザ地区やウクライナ東部では新たな武力衝突が起きました。いずれの国でも数十万から数百万人が国内外へ避難し、今も過酷な生活を余儀なくされています。

本動画をきっかけとして、MSFの活動全般へ関心を持っていただけましたら幸いです。

関連情報