アルメニア:私、病気なの?――多剤耐性結核と向き合う

2014年03月23日掲載

動画に登場する17歳の女性は、多剤耐性結核(MDR-TB)の薬を飲み続けています。彼女は当初、自分が大変な病気にかかっているという自覚がありませんでした。国境なき医師団(MSF)の心理ケア担当者が彼女に寄り添い、病気と向き合う手助けをしてきました。治療を始めた彼女の夢は……彼女自身の声でお聴きください。(日本語字幕)

関連情報