ケニア:MSF、タナ川デルタの紛争被害者に心のケアを提供

2013年01月16日掲載

国境なき医師団(MSF)は、ケニア沿岸州のタナ川下流三角州地帯(タナ川デルタ)で発生した紛争で、精神的外傷を負った被害者たちに心理ケアおよび医療援助を提供している。

2012年8月以降、この地で起きた武力衝突により、約200人が死亡し、数百人が負傷、2500世帯以上が住む場所を追われ、医療施設も破壊された。現在、治安は改善されたと言われているが、不安定な状況は続き、住民は報復攻撃や報復によって引き起こされる衝突を強く警戒しており、身体的・精神的な健康状態が悪化している。

記事を全文読む

深刻な暴力のトラウマ

MSFの看護師でありカウンセラーでもあるエリザベス・オレーラは「最も深刻な影響を受けているのは女性たちです。自分の子どもたちが焼き殺された光景が頭から離れずに苦しんでいるのです。子どもたちから引き離されるのではないかと恐れている母親たちもいます。また、住んでいる場所から避難し、住む家もない状態に不安を抱えています。例えばある患者は、子どもたちを全員一緒に連れて逃げることが出来ず、後から2歳の息子を迎えに行きその子に火をつけられる場面を目撃してしまいましたが、ただ見ている以外になす術がなかったと言います」と話す。

MSFは、2012年9月より、紛争被害者を対象とした心理療法を、個別とグループ別に提供している。主に喪失感や悲嘆によって引き起こされる不眠症、無言症、動悸、幻覚、食欲不振などに苦しむ患者だが、深刻なケースでは、自殺あるいは殺人衝動を示す患者もいる。

MSFのカウンセラーはこの4ヵ月間、数ヵ所の難民キャンプで合計1874人以上の患者に対するグループ療法と50人以上の患者に対する個別療法を実施した。また、学校でもこうした心理ケア活動を展開し、4ヵ所の学校に勤務する教師計30人と40人以上の保健医療従事者を対象に、心理カウンセリングのさまざまな側面に関する研修を行った。

心に傷を負った子どもたちに接し、エリザベス・オレーラは「セッションを終了するのが困難なほど、子どもたちが感情的になってしまうこともあります。一方、話すことをやめてしまった選択性無言症の子どももいます。不眠症の子どもには、学力の低下が見られます」と説明する。

対処メカニズムで将来にも備え

またMSFは、さらなる攻撃への恐れから医療施設へ行けずにいる傷病者がいるのではないかという懸念から、避難民キャンプや遠隔地域に移動診療所を設置し、避難民に基礎医療を提供している。こうした基礎医療活動を通じて、心理ケアを必要とする患者を把握し援助を提供することも可能となる。

MSF地域医療アドバイザーのヨーケ・ヴァン・ペテヘム医師は、「MSFチームは、人びとに対処メカニズムを身につけてもらうことを重視しています。そうすることで、現在直面している状況だけでなく、将来発生しうる暴力にも対処できるようになります。この不安定な地域では、人びとは今後も暴力にさらされる可能性があります」と強調する。

現在MSFは、今週発生したタナ川デルタにおける武力衝突の被害者に医療援助を提供している。ケニアではMSFは1987年から活動を展開しており、現在はキベラ、マタレ、ホマベイ、およびダダーブ難民キャンプにおいてプログラムを実施している。また、ケニア国内で発生するさまざまな医療緊急事態に対応している。

関連情報