【母の日】世界中のお母さんに「ありがとう」

2018年05月13日掲載

5月13日は母の日です。

「子どもには健康に育ってほしい」……お母さんの願いは世界共通。紛争地や自然災害の現場で、感染症の流行地で、病院のないへき地で――幼い命が危機に立たされる国境なき医師団(MSF)の現場には、我が子を守るため、懸命に心を砕く母親たちの姿があります。母の日の今日、世界のお母さんたちへの感謝を込めて、活動地で出会った素敵な笑顔をお届けします。

子どもを病院に連れて行くのも一苦労

救急車の扉が開くと、晴れやかな顔。降りてきたのは、元気になった赤ちゃんを抱くファイザさん。娘のフィルダウシーちゃんは1週間前、栄養失調で国境なき医師団(MSF)が支援するニジェールの病院に運ばれていました。 . 具合の悪い人を病院へ運ぶだけではない、MSFの救急車。遠方から来ている患者さんや家族を、地域の診療所まで送っていく役割も果たします。「さあ、家に帰りましょう!」。 故郷のナイジェリアまで、ふたりの帰路はまだ続きます。 . ----------------------------------------------------- . 詳しい活動内容は公式サイトでご覧いただけます。プロフィールのリンクからどうぞ→@msf_japan . -----------------------------------------------------. Photo © MSF/Sarah Pierre #国境なき医師団 #ニジェール #ナイジェリア #栄養失調 #119番の日

国境なき医師団さん(@msf_japan)がシェアした投稿 -

きっと、もうだいじょうぶよ……コレラ治療センターの病室で、赤ちゃんを愛おしそうに抱きしめるお母さん。治療を受けられることになって、安堵の表情が浮かんでいました。 . 現在、コレラの大流行が広がっているコンゴ民主共和国。農村地域では、高額な治療費を払えず途方に暮れる患者さん、親御さんたちがたくさんいたのです。 . コレラはすぐに治療を始めれば命を救える病気。国境なき医師団(MSF)は無償の医療を届けるため、各地でコレラ治療センターの設置など、活動を拡大しています。 -------------------------------------- コンゴ民主共和国の活動ニュースは公式サイトでご覧いただけます。プロフィールのURLリンクからどうぞ→@msf_japan . -------------------------------------- Photo © Marta Soszynska/MSF #国境なき医師団 #MSF #アフリカ #コンゴ #母親 #motherandchild #母と子 #love #赤ちゃん #写真部 #写真好きな人と繋がりたい

国境なき医師団さん(@msf_japan)がシェアした投稿 -

愛しい命を抱きしめて

小さく産まれた赤ちゃんを、肌で温める「カンガルー・マザー・ケア」。気持ちよさそうに眠っていますね! 国境なき医師団が支援するカストール病院では、月に600人もの赤ちゃんが産まれます。 中央アフリカ共和国で最大の産科病院ですが、日本のような設備や最新技術はありません。赤ちゃんの低体温を防ぐことができる保育器も…。 そこで、体重1,600グラム以下の小さな赤ちゃんは、十分大きくなるまで、お母さんにカンガルーのように抱いて温めてもらいます。 世界のどこで産まれても、たいせつな、小さな命。どうぞ無事に育ってほしい。 -------------------------------------- 中央アフリカ共和国の活動ニュースは公式サイトでご覧いただけます。プロフィールのURLリンクからどうぞ→@msf_japan . -------------------------------------- Photo © Borja Ruiz Rodriguez/MSF #国境なき医師団 #MSF #アフリカ #photooftheday #love #motherandchild #赤ちゃん #子育て #カンガルーケア #ポートレート部 #写真部 #写真好きな人と繋がりたい ****************************************

国境なき医師団さん(@msf_japan)がシェアした投稿 -

お大事に!とびきりの笑顔で国境なき医師団(MSF)の病院を後にするママと赤ちゃんを、カメラが捉えました。MSFが中央アフリカ共和国の首都バンギで運営する、国内最大の産科病院での1コマです。 . この病院は、長引く紛争に苦しむこの国で、安全なお産を守るライフライン。毎月600人もの赤ちゃんが誕生し、毎日にぎやかな産声が聞こえてきます。これからも素敵な笑顔を、多くの希望を、迎えることができますように! . Photo © Borja Ruiz Rodriguez/MSF #国境なき医師団 #msfjapan #アフリカ #マタニティ #ママ #赤ちゃん

国境なき医師団さん(@msf_japan)がシェアした投稿 -

服薬や料理の指導も親の務め

薬は飲んだ?ちゃんと飲まなきゃだめなのよ!お母さんは、娘の健康を案じて1日に何度も聞きます。マッカさんは、複数の薬が効かない結核の中でも最も深刻な「超多剤耐性結核」で、国境なき医師団(MSF)の治療を受けています。 . 結核の治療は長くかかり、たくさんの薬を飲まなければなりません。偏見にもさらされます。つらい治療を続ける患者さんとその家族に、MSFは寄り添います。 ------------------------------- . チェチェン共和国の詳しい活動内容は公式サイトでご覧いただけます。プロフィールのリンクからどうぞ→@msf_japan . -------------------------------. Photo © Lana Abramova #国境なき医師団 #チェチェン #結核 #ロシア連邦 #訪問診療 #耐性 #母娘 #家族

国境なき医師団さん(@msf_japan)がシェアした投稿 -

ご飯を作るのって楽しい!たとえ国内避難民キャンプでも。後ろで見ている女性は心配そうですが、子どもたちは自然と笑顔に―― #イラク での1枚です。 . 2003年のイラク戦争から10年以上、紛争やテロ続きのこの国。北部を支配した過激派組織「 #イスラム国 」と政府軍の戦争がほぼ収束したのはつい最近、2017年末のことでした。国連の推計では400万人以上がキャンプで生活しているとみられています。 . 自分たちで #かまど 造りから始めて火を起こし、井戸を掘り、食べ物や日用品を分け合う日々。病気やけがをしても病院へ行く余裕はありません。 . だから #国境なき医師団 (MSF)が彼らのもとへ。キャンプ内に診療所を設置して巡回しています。救急患者は200km先のスレイマニヤ救急病院に運び、病院内で活動しているMSF救急チームが治療にあたります。 . #travel #worldingram #worldplace #旅 #旅好きな人と繋がりたい #けしからん風景 ------------------------------ . 国境なき医師団の詳しい活動内容は公式サイトでご覧いただけます。プロフィールのリンクからどうぞ→@msf_japan . ------------------------------. Photo © Ton Koene

国境なき医師団さん(@msf_japan)がシェアした投稿 -

子どもを残して逝けない……闘病を乗り越えた母親たち

カヴァニさん(26歳)は、チェチェン共和国に暮らす3児のママ。「こんな日がくるなんて!」2年にわたる闘病を終えた喜びを隠せません。6歳になる長女の小学校入学に立ち会うこともできました。 . 病気が見つかったのは2年前、3人目の赤ちゃんが産まれた直後のこと。一般的な薬が効かない「多剤耐性」の結核でした。幻覚や幻聴などの副作用をともなう、つらく長い治療が必要です。自身もお母さんを結核で亡くしたカヴァニさん。「子どもたちを残して逝けない」と、国境なき医師団(MSF)のもとで粘り強く治療を続け、健康を取り戻しました。「目標があったから頑張れた」と振り返ります。 . MSFは2014年に画期的な新薬を導入し、結核治療が生まれ変わりました。この新たな治療法で治療期間が短くなり、薬を飲む量も抑えられるように。回復した患者からは「外出ができます」「体重が増えました」と感謝の声がたくさん届いています。 . ------------------------------- . チェチェン共和国の詳しい活動内容は公式サイトでご覧いただけます。プロフィールのリンクからどうぞ→@msf_japan . -------------------------------. Photo © Lana Abramova  #国境なき医師団 #MSF #ロシア #チェチェン #結核 #photooftheday #ポートレート部 #写真部 #写真好きな人と繋がりたい #ファインダー越しの私の世界

国境なき医師団さん(@msf_japan)がシェアした投稿 -

ビーズ細工で手作りした可愛い木には、ジャイナさんの愛と勇気が詰まっています。 . 「生きて、家族と共にいられることに感謝しています」。最も治療が難しい「超多剤耐性結核」を克服したチェチェン共和国のジャイナさんは3児の母。 . 国境なき医師団が保健省と共同で導入した、新薬「ベダキリン」を使う治療を無事に終え、家族の元に戻ることができました。 . つらい副作用のある入院治療の間も希望を失わず、他の患者をも励まし続けたジャイナさん。 . 入院中に作り始めたビーズ細工の木を、今は販売もしているそうです。「人にささやかな喜びをもたらす仕事ができてうれしい」。 . ジャイナさんに結核を乗り越えさせた愛と勇気、そして新しい治療法が、世界に広がっていきますように。 -------------------------------------- チェチェン共和国、結核の活動ニュースは公式サイトから。プロフィールのURLリンクからどうぞ→@msf_japan . -------------------------------------- Photo © Lana Abramova #国境なき医師団 #MSF #チェチェン共和国 #世界結核デー #photooftheday #love #ビーズ #ハンドメイド #花 #ビタミンカラー #写真部

国境なき医師団さん(@msf_japan)がシェアした投稿 -

関連情報

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでつぶやく
  • LINEで送る