数字で見るMSF:2012年の活動ハイライト

2013年06月27日掲載

国境なき医師団(MSF)の2012年度(1月~12月)の活動結果を図表にまとめました。世界中の方々の協力のもと、多くの命が救われ、必要な医療を受けることができました。

南スーダンの難民キャンプに到着した人びとを
診察するMSFスタッフ

2012年2月には、シリアで医療が"弾圧の武器"として使われていることを証言しました。MSFは6月、シリア政府の認可が得られない状況下、国内での医療援助を敢行。活動は今も続いています。

一方、南スーダンでは、6月に大勢のスーダン人難民が一斉に到着し、難民キャンプが飽和状態に。水・食糧・医療が足りない事態となり、総力を挙げて緊急援助を展開しました。人びとの到着は今なお続き、援助の拡充が求められています。

7月末にはウガンダでエボラ出血熱が発生。MSFは直後に現地入りし、過去の発生時の経験を活かして治療と感染拡大の抑止を行いました。その結果、9月には収束。活動を現地の保健省に引き継ぎました。  

このほか、世界各地の活動地でいまも、適切な医療を受けられないでいる人びとへの援助を続けています。

国境なき医師団(MSF) 数字で見るMSF(2012年度) 外来診療8,316,000件 入院患者472,900人 マラリア治療症例1,642,800件 妊婦健診784,500件 はしかの予防接種を受けた人690,700人 髄膜炎の予防接種を受けた人496,000人 外科処置78,500件 定期予防接種432,000回 第1選択抗レトロウイルス薬(ARV)治療を受けた患者279,600人 栄養治療プログラムの対象児童276,300人 分娩介助を受けた女性(帝王切開含む)185,400人 心理ケア個別相談169,600件 水の配給量197,000,000リットル 援助キットの配給数61,000組 コレラ治療または脱水症治療を受けた人57,400人 第1選択抗結核薬治療を受けた新規患者29,000人 はしかの治療を受けた人26,200人 髄膜炎の治療を受けた人3,430人

関連情報