サモア諸島沖地震:調査チームを派遣

2009年10月01日掲載

9月29日朝、南太平洋のサモア諸島沖でマグニチュード8.0の強い地震が発生した。10月1日の時点で、サモアと米領サモア、トンガにおける死者数は計140人に達したと報道されている。

国境なき医師団(MSF)は、サモアにおける医療援助のニーズを調査するため、緊急コーディネーター、水衛生専門家、心理ケア専門家を現地に派遣した。

関連情報