5人に1人の子どもが栄養失調 窮地におかれたマリ難民

国境を越えて届ける援助にご協力ください。皆様一人ひとりのご支援が、命の危機に直面している人びとを救う大きな力となります。

  • 今回の寄付をする
  • 毎月の寄付をする

国境なき医師団への寄付は寄付金控除の対象となります。いただきました寄付は、国境なき医師団が世界各地で行っている緊急医療援助活動にあてられます。

2012年1月のマリ北部紛争勃発以降、大勢の人が国内の他地域や周辺国に避難しています。最大の難民受け入れ国であるモーリタニアでは、約7万人のマリ難民が過酷な生活を送っています。2013年1月のマリ・フランス連合軍による介入後、ムベラ難民キャンプには新たに1万5000人が到着し、医療環境が悪化しています。

■5人の子どものうち1人が栄養失調

2012年11月に、ムベラ難民キャンプで行われた調査では、約5人に1人の子どもが栄養失調で、約20人に1人の子どもが重度の栄養失調状態に陥っていました。2013年1月、新たに1万5000人の難民が到着すると、重度栄養失調児の数は2倍以上に増えました。

■はしかの予防も最優先事項

子どもたちをはしかから守ることも、難民キャンプにおける保健医療の最優先事項です。キャンプで慢性的な栄養失調に苦しむ子どもにとっては、はしかのまん延が致命的になります。国境なき医師団は2012年3月以降、約1万人にはしかの予防接種を行っています。

「生活がとても困難になりました。子どもにも何もあげられません。食べ物もなく、商店も閉まっているか、売り物がないかでした。家畜の市場も開かれないのです。幼い子どもを育てるには、避難するほかありませんでした。」
ハリマ(24歳、レレ出身)

「ムベラに到着すると、幼い息子が体調を崩しました。食欲が失せ、母乳も飲まなくなったのです。医師によると、息子は栄養失調とのことでした。キャンプの環境は過酷です。食糧が不足し、子どもたちの飲むミルクも十分ではありません。ミルクの配給がまったくないのです。」
アワ(仮名)(32歳、トンブクトゥ出身)

■人道援助が圧倒的に不足しています

モーリタニアへの途上では、大半の難民に深刻な健康問題はありません。難民キャンプ到着後、急激に健康状態が悪化するのです。原因は劣悪な滞在環境、栄養の不十分な食糧、住居の不備、そして深刻な水不足。最も顕著な問題は、キャンプで何週間か過ごすと、幼い子どもの栄養失調リスクが高まるという現実です。

国境なき医師団では、2012年初頭からモーリタニアで8万5000件の診療と200件の分娩介助を行い、約1000人の重度栄養失調児を治療しています。しかし、今もなお、国際社会からの援助は著しく不足しています。水・食糧・衛生環境の提供も依然として人道援助に頼っているという状況です。

国境を越えて届ける援助にご協力ください。皆様一人ひとりのご支援が、命の危機に直面している人びとを救う大きな力となります。

  • 今回の寄付をする
  • 毎月の寄付をする

国境なき医師団への寄付は寄付金控除の対象となります。いただきました寄付は、国境なき医師団が世界各地で行っている緊急医療援助活動にあてられます。

私たちは国境なき医師団です 自然災害や、貧困、紛争などで命の危機に直面している人々に直接医療を届けています。

1999年ノーベル平和賞

国境なき医師団は、1971年にフランスで設立された、非営利で国際的な民間の医療・人道援助団体です。
ボスニア、ソマリアなどの紛争地や、感染症がまん延する地域、ハイチ大地震や東日本大震災などの自然災害の被災地で、緊急医療援助活動を行ってきました。
活動資金のほとんどを民間からの寄付でまかなっており、独立・中立・公平の原則に基づく人道援助活動が評価され、1999年にはノーベル平和賞を受賞しました。
約世界70の国と地域で、日本人医師や看護師をはじめとする3万6000人以上のスタッフが、援助活動を行っています(2011年度)。

皆様からの寄付でできること

  • 3,000円で、はしかの予防接種×子ども170人 170人の子どもたちに、難民キャンプで流行するはしかの予防接種を行うことができます。
  • 5,000円で、水の消毒×100万リットル 1万人の人びとが5日間生活するのに最低限必要な、100万リットルの水を消毒できます。
  • 10,000円で、マラリア感染検査×200人 200人にマラリア感染の検査を行えます。雨季に入った難民キャンプでは、マラリアが命取りとなります。
  • 毎月1,500円で、栄養治療食(RUTF)×毎月45食 栄養失調の子どもたちに、毎月45食の栄養治療食を提供できます。15人の子どもたちの1日分にあたります。

※外国為替により変動します。

今を救う「今回の寄付」、未来を支える「毎月の寄付」寄付には2つの方法があります。皆様からのあたたかい支援は大きな違いにつながります。武力紛争や、自然災害、感染症や栄養失調など、生命の危機に直面した人びとに直接医療を届けることが、私たちの使命です。

「今を支援する」任意の金額で今回のみ寄付をする
今回の寄付をする
「未来を支援する」1日50円からできるサポート
毎月の寄付をする

お問い合わせ資料請求は0120-999-199 通話料無料(9:00~19:00 無休)携帯電話、PHSからもつながります。国境なき医師団への寄付は寄付金控除の対象となります。いただきました寄付は、国境なき医師団が世界各地で行っている緊急医療援助活動にあてられます。

ページのトップへもどる

国境なき医師団ホームページへもどる

当サイトについて