MEDECINS SANS FRONTIERES 国境なき医師団 シリア緊急支援 680万人が緊急援助を必要としています。

国境を越えて届ける援助にご協力ください。皆様一人ひとりのご支援が、命の危機に直面している人びとを救う大きな力となります。

  • 今回の寄付をする
  • 毎月の寄付をする

国境なき医師団への寄付は寄付金控除の対象となります。 寄付金控除

国内全域が激しい戦闘の渦に巻き込まれているシリア内戦。医療体制も崩壊し、爆撃で負傷した人だけでなく、高血圧や糖尿病などを患う人びとも治療を受けられず、命の危機に瀕しています。安全な出産をもとめて、多くの妊婦が命がけで国境を越えようとしています。子どもたちには2年以上、はしかの予防接種が行われていません。普通の暮らしをもとめている普通の市民が傷ついているのです。

国境なき医師団は、シリア政府の活動認可を得られないまま、シリア国内で人びとに直接援助を提供している数少ない国際NGOです。また、シリアから周辺国に逃れた難民に対しても、緊急援助活動を実施しています。

人びとの命を救うために、今すぐ、あなたのご支援が必要です。

シリアの人びとの声

何ヵ月もの間、爆弾、空爆、銃撃戦にさらされていました。一夜を生き延びられるかどうかも定かではなく、朝日を見るたびに息を吹き返す思いでした。子どもたちは今でも悪い夢を見ます。軍用機の飛行音が忘れられないのです。

(5人の子どもと隣国ヨルダンの難民キャンプに滞在するオムさん)

私の住む地域には、薬も、病院もありません。私の家族も、おじ2人と母をはじめ大勢が体調を崩していますが、なかなか治療を受けられません。この辺りでは薬が希少物資になってしまっているためです。この病院がここになかったら、私も今ごろ、生きてはいなかったでしょう。

(シリア国内の国境なき医師団の仮設病院で治療を受ける女性)

日本人派遣スタッフの声

日本から派遣された白川優子看護師は、国境なき医師団がシリア国内で運営する仮設病院で、手術室看護師として約6ヵ月間、活動に参加しました。

私がいた病院では、患者の7、8割が市民で、ほとんどが空爆の被害者でした。国内に設置された検問を逃れるために遠回りをしながら何時間もかけて病院に到着する人びとの中には、血だらけの赤ちゃんや、銃で撃たれた妊婦さんもいました。また、手術後に麻酔から覚めて初めて、家族の中で自分だけが生き残ったことを知り、「父は、母は・・・」とまわりのスタッフに聞く患者さんや、大都市で将来を夢見ながら大学生活を送っていた若者たちが、病院のベッドで絶望する姿を何人も目にしました。

このような状況の中でも、現地のシリア人スタッフも患者さんも、みなあたたかい人たちで、他人同士が自分の家族のように心から助け合う姿には本当に心を打たれました。

白川 優子(手術室看護師/シリア)

国境を越えて届ける援助にご協力ください。皆様一人ひとりのご支援が、命の危機に直面している人びとを救う大きな力となります。

  • 今回の寄付をする
  • 毎月の寄付をする

国境なき医師団への寄付は寄付金控除の対象となります。

私たちは国境なき医師団です 自然災害や、貧困、紛争などで命の危機に直面している人びとに直接医療を届けています。

1999年ノーベル平和賞受賞

国境なき医師団は、1971年にフランスで設立された、非営利で国際的な民間の医療・人道援助団体です。
ボスニア、ソマリアなどの紛争地や、感染症がまん延する地域、ハイチ大地震や東日本大震災などの自然災害の被災地で、緊急医療援助活動を行ってきました。
活動資金のほとんどを民間からの寄付でまかなっており、独立・中立・公平の原則に基づく人道援助活動が評価され、1999年にはノーベル平和賞を受賞しました。
約世界70の国と地域で、日本人医師や看護師をはじめとする約3万5000人のスタッフが、援助活動を行っています(2012年度)。

皆様からの寄付でできること

  • 3,000円で、手術用の麻酔×1回分 外科手術のための麻酔1回分を提供することができます。
  • 5,000円で、抗生物質の治療×20人 20人のけがをした人びとに、感染から守るための抗生物質を用いた治療を行うことができます。
  • 10,000円で、治療に必要な包帯セット×50個 やけどや外傷の患者を治療することができる消毒薬や包帯・テープなどのセットを50個用意できます。
  • 30,000円で、緊急外科手術用セット×1セット 重症を負った患者に緊急外科手術を行うための手術用セットを用意できます。

今を救う「今回の寄付」、未来を支える「毎月の寄付」寄付には2つの方法があります。皆様からのあたたかい支援は大きな違いにつながります。武力紛争や、自然災害、感染症や栄養失調など、生命の危機に直面した人びとに直接医療を届けることが、私たちの使命です。

「今を支援する」任意の金額で今回のみ寄付をする
今回の寄付をする
「未来を支援する」1日50円からできるサポート
毎月の寄付をする

お問い合わせ資料請求は0120-999-199 通話料無料(9:00~19:00 無休)携帯電話、PHSからもつながります。 国境なき医師団への寄付は寄付金控除の対象となります。 いただきました寄付は、国境なき医師団が世界各地で行っている緊急医療援助活動にあてられます。 寄付金控除

ページのトップへもどる

国境なき医師団ホームページへもどる

当サイトについて