MSF、長崎大熱研臨床分野共催「熱帯医学ワークショップ」2017

2017年04月13日掲載

国境なき医師団(MSF)日本と長崎大学熱帯医学研究所臨床感染症学分野は2017年8月6日(日)、医師としてMSFの活動に参加を検討されている方を対象にした「熱帯医学ワークショップ」を開催しました。

MSFの現場で実際にマラリアや結核、栄養失調などの対応に携わってきた経験者によるミニレクチャーをはじめ、グループワークでは冒頭のようなケーススタディで参加者が実際に話し合い、活発な議論が交わされました。

2017年ワークショップの講義は、以下でご覧いただけます。

医療資源が乏しい中での医療

熱帯地域における発熱の鑑別疾患

マラリアの疫学と予防・治療戦略

栄養失調の評価とその治療

HIVの疫学と診断・治療・問題点

結核の疫学と診断・治療

お問い合わせ

MSF日本フィールド人事部

E-mail
recruit@tokyo.msf.org
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでつぶやく
  • LINEで送る