必須医薬品キャンペーンとは

世界中の孤立地域で深刻な病気に苦しむ人びとを診療する際、電気や清潔な水の供給がない地域で活動することも多く、治療に必要な医薬品、診断テスト、ワクチンが地域の環境に適していないことがよくあります。

既存の診断テストでは患者の状態を正確に把握できない、必要な薬の価格が高い、薬そのものが存在しないなどの問題もあります。途上国の多くの命を救える重要なワクチンが、価格が高すぎて手に入らないということもあります。

こうした状況を改善するため、1999年に受賞したノーベル平和賞の賞金を基に「必須医薬品キャンペーン」を立ち上げました。当時は、豊かな国と貧しい国の間で、特にHIV/エイズ治療を受けられる機会に大きな不平等がある時代でした。

必須医薬品キャンペーンでは、医師、薬剤師、科学者、弁護士、政策・コミュニケーション分野など多岐にわたる専門家がチームを作り、入手しやすく扱いやすい医薬品、ワクチン、診断テストの開発に取り組んでいます。

途上国にみられる“医療の壁”

活動地で病気の検査を行うMSFスタッフ

HIV治療薬など比較的新しい医薬品の多くは高価で、途上国では使えません。さらに、近年は途上国でも、特許保護の動きが強まっています。特許の保護期間は最長20年間。その間は価格競争が妨げられ、薬価が下がりません。

効果が高い新治療法が開発されても、登録や治療方針の変更などを経て患者が実際に利用できるようになるまでには、長い時間がかかることがあります。マラリア治療の例では、効果の薄い古いマラリア薬から、アルテミシニンと他の抗マラリア薬を併用する治療法(ACT)に変更することに、長い時間がかかっています。

医療の研究開発は途上国の人びとのニーズに対応していません。医薬品や診断ツールは、将来的な市場の潜在価値に基づいて開発されています。顧みられない熱帯病や結核の既存薬の多くは、毒性が強く、薬剤耐性が強まっています。しかし、過去30年間で市場に出た医薬品のうち、顧みられない熱帯病や結核の新薬はわずか1%でした。

慢性的な医療従事者の不足も問題です。HIV治療の拡大を遅らせている原因にもなっています。特にアフリカ南部では、報酬の低さや労働環境の悪さで医療従事者が集まりません。

「医療を受ける機会」と「医療革新」の2つの取り組み

必須医薬品キャンペーンでは、「医療を受ける機会」と「医療革新」という両面からこの問題に取り組んでいます。「医療を受ける機会」は、薬価が高すぎる医薬品を手に入れやすくするための活動です。「医療革新」は、緊急性の高い新薬、ワクチン、診断テストの開発を促す活動です。

具体的な活動

  • 安価で求めやすいジェネリック製品の生産を促し、医薬品、ワクチン、診断テストの価格を下げる。
  • 企業の営利が公衆衛生上のニーズに勝ることがないように、また、薬の特許が医薬品の入手を妨げる障壁とならないように、監視役となる。
  • 医療研究の方向性を、緊急性の高い新薬、ワクチン、診断テストへと向けさせる。
  • 企業の必要性ではなく、医療の必要性に応じた医療研究に資金を向けさせる。
  • 製薬会社が法外な薬価をつけることで研究資金を回収することのないように、新しい資金調達モデルの調査、支援、監視を行う。