必須医薬品キャンペーン

必須医薬品キャンペーンとは

国境なき医師団(MSF)は1999年、ノーベル平和賞受賞をきっかけに、必須医薬品キャンペーンを開始しました。MSFの活動プログラムを通じて援助している人びとをはじめ、すべての人びとを対象とした救命・延命医療、検査手法、ワクチンの開発と利用の促進を目的としています。

5つの課題

必須医薬品キャンペーンでは、HIV/エイズ、結核、マラリア、ワクチン、「顧みられない熱帯病」の5つの課題に重点的に取り組んでいます。

薬の入手を阻む壁の克服

患者が薬の利用を妨げられないように、薬の製造競争を促し、薬価、ワクチン費用、検査費を低く抑えることを提唱しています。また、医療へのアクセスの妨げとなる各種協定や既得権益への反対を掲げています。

このテーマを掘り下げる

医療の技術革新

活動地での緊急医療援助の必要性を国際社会に知らせるため、医療の研究・開発が必要な分野の観察を続けています。また、援助を必要としている人びとにとって有益となる新しい医療モデルの分析と開発を促しています。

このテーマを掘り下げる

お問い合わせ